光学的全視野計測を用いた応力解放法による現有作用応力計測技術

スリット応力解放法による現有作用応力計測

一様に応力が作用しているコンクリート部材に応力方向に対して垂直にスリットを切削すると、スリット周辺に解放ひずみが発生します。この解放ひずみより現有作用応力を計測する技術です。

特徴

  • 応力解放ひずみ計測は、ひずみ分布を計測できる光学的全視野計測法を用います。
  • スリット応力解放法は、スリットを切削する前後のスリット周辺部をラインセンサスキャナタイプ全視野ひずみ計測装置で計測します。
  • ラインセンサスキャナタイプ全視野ひずみ計測装置での画像をデジタル画像相関法による画像解析により解放ひずみ分布を求めます。
  • 光学的全視野計測法を用いることによりスリット近傍の微小領域まで高精度なひずみ分布計測を行うことができます。また、FEM 解析による逆解析を行い、計測した解放ひずみ分布を元にしてコンクリート部材の現有応力を推定することができます。
  • PC 構造物では、現有作用応力よりプレストレス量の推定ができます。また、PC 橋の復元設計の資料としても活用できます。
ページトップへ